ハンドメイド作り方

ヒルナンデスで紹介!SUZURIで作った商品は売れるのか?

2019年10月16日のヒルナンデスの「主婦の副業で稼ぐ!」のコーナーでSUZURI(スズリ)が紹介されていました。

この間までは「ドケチ隊ハンドメイド主婦に弟子入り!」というコーナー名だったのに、コーナー名を変えたんでしょうか?どちらにしても、このコーナーは人気のようですね。私もいつも楽しみにしています。

このブログでもヒルナンデスで紹介されたハンドメイドについていくつか紹介していますが、どれもたくさんの方に見ていただいているようです。ありがとうございます。

ハンドメイドを副業にしたいと思っている人が、主婦に限らず多いという事ですよね。

しかも主婦は忙しくて時間がないことが悩みの一つなので、今回紹介されたSUZURIのように時間も手間も、初期費用もかからないっていうのはすごく魅力です!

では、そんなSUZURIについて詳しく解説していきます。

SUZURIとは?

SUZURIとは、簡単に言うと画像を取り込むだけでオリジナルグッズが作れるサイトです。自分が撮った写真でもいいし、自分が書いた字や絵でもいいです。それを使って簡単に作れてしまうというのです。

作れるアイテムは、Tシャツ、トートバック、サコッシュ、ロンパース、マグカップなど全27種。

売れた時点で商品を発注し、製作するので在庫を持たなくていい。売れなくても全く損はない。だから、デザインだけすれば自分で作らなくてもいいんです。

これをハンドメイドと呼ぶのか?そのへんは微妙な感じがしますが、(だからヒルナンデスのタイトルからハンドメイドが消えたのか!?)最近は似たようなサービスが増えてきていますよね。アクセサリーもパソコンの画面上でデザインが出来てしまったり・・・。

今後はこういったサービスがもっと増えていくような気がします。在庫を持たなくていい、リスクもない、時間がなくても出来る。それでいて人気商品になれば結構な売り上げにもなる。

忙しくて、無駄が嫌いな現代人にぴったりですね。

でも、ひとつ気を付けないといけないのは、デザインするのは自分ですが、作るのは自分じゃないってことです。作るのは業者さん。これはやっぱりハンドメイドというよりは既製品の感覚の方が近い気がします。

メリット、デメリットはあると思いますが、何でもまずはやってみるのが大事ですよね。

SUZURIを運営しているのは、ミンネと同じ会社GMOペパボ株式会社です!なるほど~。ハンドメイドはミンネで売って、それプラスSUZURIでも販売すれば両方で稼ぐことが可能ということですね。

ミンネではこだわりのハンドメイド品を販売して、SUZURIでは、自分がデザインしたTシャツやトートバックを販売する。

SUZURIの方は、一度デザインすればある意味ほったらかしでも売れる可能性があるので、手間が本当にかかりません。ハンドメイドをしてる人なら、やって損はないのでは?

SUZURIで作ったものは売れるのか?

そもそも、SUZURIで作ったものは買う人がいるのか?どんな人が買うのか?

ちなみにヒルナンデスではこのSUZURIを使って

松本明子さん→トートバック「スニーカーぶるーす」2,013円

佐藤仁美さん→Tシャツ「全国の佐藤さん」2,398円

春日さん→ベイビービブ「陳謝」1,984円

を販売していましたが、結果はどれも売れずでしたね。ライバルの多い少ないや、デザイン的なことが原因だったのか?

先生として出ていらした方は月に17万稼ぐこともあるそうなので、このSUZURIを利用して商品を買う人はいるっていうことですよね。この先生はイラストレーターだそうですので、やっぱりデザインのセンスがないと難しいのか?

でも、SUZURIの売りは初期費用なし・在庫、発送の手間もなしで、売れなくても全く損をしないというところです。

先生が、「令和」と手書きで書いたTシャツが100枚くらい売れたと言っていたように、流行や時事ネタなどを狙えばデザインの知識がなくても売れる可能性もあるかもしれないし、何が人気になるかはやってみないとわかりません。

どうせ売れないし、難しそうだし・・・と言っていないでやってみるのが大事!

ということで私も早速SUZURIに登録してみました!

SUZURIでTシャツを作ってみよう!

では、さっそくSUZURIで商品を作ってみようと思います。

①まず、新規ユーザー登録をします。(SNSアカウントでも登録OK!)

②登録したら、すぐに画像をアップロードできる画面になります。スマホで撮影した、我が家の猫の写真をアップロードしてみます。

③画面をアップロードしたら、何のアイテムを作るかを選びます。

Tシャツが不動の人気アイテムという事だったので、今回はTシャツを選びます。

ペンのマークをクリックすると、画像のサイズを調整出来るページに移動します。

「お手入れ」というページに移動しました。プリント面を選んだり、追加したり、色を選んだり出来ます。

⑤画像は枠にぴったりのサイズにした方がいいみたいですよ。

⑥選んだら「保存」をクリックします。

⑦次に商品の名前、説明を入力します。そして「トリブン」を決めます。

「トリブン」とは、商品が売れた時に自分の利益になる金額です。何もしないと最初は300円になっています。選んだら「商品を販売する」をクリック。

 

⑧するとすぐに自分のショップに商品がアップされました!

 

⑨商品をクリックすると詳細が見れます。価格は自動で2,380円に設定されました。

ほんとに商品っぽくなってる。これで完了!?ほんとに簡単すぎますね・・・。

カラーとサイズも選べるようになっています!

⑩試しに「この商品を購入する」をクリックしてみると、送料600円がプラスされ、合計金額が税込みで2,888円と表示されました。発送予定日まで表示され、親切ですね。

これで「レジでお会計をする」をクリックすれば購入できます。

自分が好きなようにデザインしたものを、自分で購入することもできるってことですね。

こういうデザインTシャツって、どこか業者さんに持ち込んでやるものだと思っていました。しかも何枚かまとめてじゃないと注文できなかったり・・・ってもう昔の話なのかな。

すごい時代ですね!!

⑪ショップ画面のアカウント名の横にあるペンマークをクリックするとこのような画面が出てきて、ショップの名前、ウェブサイト、プロフィールを入力することが出来ます。

⑫もし、登録した商品を取り消したかったら、パソコン右上のアカウント名をクリック→グッズを作る→アップロート済の素材を使うを選ぶと、下のような画面になるので、画像右上のゴミ箱マークをクリックすると削除されます。

ちなみに、ヒルナンデスでは皆さん手書きの文字やイラストをスキャナーで取り込んで、それを商品にしていましたよね。ということはパソコンがないと無理なのか?というとそうではなく、スマホアプリを使えばスキャンすることが出来るようです。

スキャンアプリもいろいろあるみたいです。今は本当にスマホで何でもできてしまうんですね。せっかくなのでいろいろと使いこなせるようになりたいものです。

私は今のところスキャナーが家にあるのでスキャンプリは今回はダウンロードしませんでしたが、スマホの方が楽に簡単に使えるのであれば今後はダウンロードするかもしれません。

また、画像をPhoto shopやPhoto Layersなどで簡単に加工することが出来ますので、色々と試してオリジナルデザインを考えてみてもいいと思います。

商品のクオリティは確認した方が良い

デザインするだけで、自分が作るわけではない。発送もSUZURIがお客様に直接行なってくれるので、自分がその商品の完成形を見ることなくお客様の手に渡るという事です。

それって、すごく怖くないですか・・・。

特に自分が撮った写真などを使った場合、画素数的には大丈夫なのか?色はイメージ通りなのか?そもそもベースとなるTシャツやバックなどはどんなシルエットなのかなど、全くわからないし。

場合によってはトラブルになりそうな気もしますね・・・。

やっぱり、仕上がりは自分で確認した方がいいし、確認したいって私は思います。SUZURIでは商品をサンプルとしてもらったりすることは出来ないので、デザインした商品を自分で買うしかないです。

でも、お金を払ってでも確認した方がトラブルになったり、お客様をがっかりさせてしまうよりはいいと思います。ちなみに自分で購入する場合は「トリブン」を引かれるので原価で買えるそうですよ!

各アイテムの推奨画像サイズもサイトに載っていますので、参考にしながら素敵なデザインを作ってみて下さいね。

ズパゲッティは2020年も売れる?人気商品は?ズパゲッティは重い、途中で糸の太さが変わるなどの欠点も、一点ものの糸であることの魅力のひとつ。どんなアイテムが売れ筋?...
ミンネで販売しませんか?

ミンネをおすすめする理由はこちら