ハンドメイド作り方

今どきの体操服袋の作り方。持ち手・裏地付きでも意外と簡単!

小学校に上がったら、必ず必要になるのが体操服袋。

入学準備品といえば、絵本バック、上履き入れ、コップ袋がまず思い浮かびますが、実際は絵本バックや上履き入れは使わないという学校もあります。

(うちの娘が通う小学校も使いません)

でも、体操服がない学校はないと思うし、体操服で毎日登校するという学校もないと思いますので必ず入れ物が必要ですよね。

私が小学生の頃は、上は体操服、下は制服のスカートという今思えばおかしな格好で毎日登校していましたが^^

市販品でも色々な体操服袋が販売されていますが、ハンドメイドで作ってあげたい!というママさんも多いと思います。

そこで今回は、簡単に作れて、子供も使いやすい、サイズもちょうどいい体操服袋の作り方をご紹介します!

 

ランドセルの上から背負えるナップサックタイプが主流

子供が小学生になるまでは全く縁のない体操服袋。

体操服袋を準備しないといけない!という状況になって初めて知る人も多いと思いますが、

最近はランドセルの上から背負えるナップサックタイプが主流になっています。

↓こんな感じです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

iTO45(@ito45.handmade)がシェアした投稿

男の子も使えるようなシックなデザインのものや、女の子用だとフリルの付いたかわいいものが人気。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ARINCO(@arinco_handmade)がシェアした投稿

このタイプがいつ頃から主流になったのかは分かりませんが、ランドセルの上から背負えることで手荷物が減り、子供にとっても持ち歩きやすく負担を軽くしてくれるので本当によく考えられたデザインだと思います。

逆に、昔の体操服袋ってどんなものだったのでしょう?

小学校にほぼ体操服で通っていた私には全く記憶にありません(^^;

ただ、こうやってランドセルの上から背負うのを恥ずかしがる子もいるんですよね。

うちの子もそういうタイプで、出来れば体操服袋もランドセルの中に入れたい。もしくは背負うんじゃなくて手で持ちたい。

どうしても手に持つが多くてランドセルにも入らない時だけ背負っています。

特に高学年になるとそういう傾向のお子さんも多いようですね。

なので、背負うことも出来るし、手で持つことも出来るというのがポイントだと思います。

裏地はあり?なし?

体操服袋は、裏地を付けるか、付けないか。

という事で悩む方も多いのですが、私がおすすめするのは「裏地付き」です。

なぜかと言うと、体操服袋はすごく消耗するからです!

私が最初に作ったのは、洗濯してすぐ乾いた方がいいと思って1枚仕立てのものでした。

しかし、体操服袋ってガンガン洗濯するので1枚仕立てだと生地の消耗がすごく早いし、子供がどこかに引っ掛けたらすぐに破けるし、結構早い段階でボロボロになってしまったのです。

なので、やっぱりちゃんと裏地を付けて、表もちょっと丈夫な生地にして長く使えるものを作ろう、と思って作ったものはやっぱり長持ちしています。

その分、乾きにくいかな?と思ったのですが「乾かなくって困る!」ということはほどんどありません。

もちろん天気の悪い日は乾きにくいですけど、アイロンをかければ問題ないし、毎日洗うのはだいだい夏の時期ですから、洗濯しても朝には乾いています。

たまにアイロンをかける手間があったとしても、結局のところは裏地がある方が丈夫で長持ちするのでおすすめです。

もし、裏地を付けずに1枚仕立てで作る場合は、ちょっと厚手の丈夫な生地を選んで、縫い代はほつれないようにしっかり処理をしておくなどしておくといいと思います。

持ち手・裏布ありの体操服入れ(ナップサック)の作り方

たまに持ち手の付いていない体操服袋も見かけますが、持ち手は絶対に付けた方がいいです。

学校で机の横や廊下などに引っ掛けておくのにも必要だし、背負わずに手で持つことも出来る方が便利なので、「持ち手付き」を指定している学校もあります。

「巾着に持ち手を付けるのって、難しそう」「めんどくさそう」

と思う方もいると思いますが、意外と簡単に付けることが出来ます。

「入学式までに作る予定だったのに、もう学校始まってしまった!急いで作らなちゃ!」

という方にも、簡単に作れる「持ち手付き、裏地付きの体操服袋の作り方」をご紹介します!

準備するもの。

・表布、裏布 縦42㎝×横38㎝の布を各2枚ずつ(縫い代込み)

※今回は柄に方向性がある生地なので2枚ずつ用意しましたが、1枚ずつで作る場合は縦82㎝のものを表・裏で用意して下さい。

・持ち手 25㎝×2本

・ひも 150㎝~170㎝くらいを2本

・ひもを通すタブ 8㎝を2本

・なまえテープ 9㎝を1本

・タグ お好みで

①まず、表布にお好みでタグを縫い付けます。お好みなので位置はどこでもいいし、つけなくてもいいです。

今回はこのへん↑(右下あたり)に縫い付けました。

②次に、表布に持ち手を仮縫いしておきます。

中心から3.5㎝ずつの場所、持ち手の端と端は7㎝あけた位置にミシンで縫い留めます。2本とも縫い付けて下さい。

③ひもを通すタブも縫い付けておきます。布の下から5㎝くらいの場所です。

今回はマチを付けようと思うので5㎝くらいあけていますが、マチを作らないならもっとギリギリ下あたりでも大丈夫です。

このタブは共布で作ってもいいですが、私は写真のような綾テープを使っています。この方が丈夫だし、共布で作る手間も省けるからです。

綾テープも種類はさまざまなので、ちょっと厚手のしっかりしたものを選んでくださいね。

おすすめの綾テープはこちら↓

 

④表布に必要なパーツを縫い付けたら、中表にして周りを縫って行きますが、巾着のようにひもを通すので、上から9センチのところで縫い止まりにしておきます。

⑤周りを縫ったら、縫い代を全てアイロンで割ります。

アイロンで割ったら、縫い止まりの部分を補強するためにミシンでステッチをかけておきます。

⑥マチを縫います。マチが5㎝になるようにミシンをかけます。ミシンをかけたら0.7㎝くらい縫い代を残してハサミでカットします。

⑧裏布も表布と同じ手順で縫っていきます。(持ち手とタブを縫い留める工程を省く)

この時、なまえテープを挟んで縫い付けておくととっても便利です。

学校での持ち物には全て名前を書かないと思いますが、名前を書くところがない!と困らないように、ちょっとの手間を惜しまずに縫い付けておくことをおすすめします。

ちょっとしたことですが、これがあるのとないのでは大違いですよ。

縫い付ける場所はどこでもいいのですが、今回は縫い止まりより3㎝くらい下あたりに縫い付けました。

なまえテープは100均でも売っていますし、ネットでも購入出来ます。

なまえテープでなくても、平織テープでもOK!私はこれを使っています↓

 

このテープにそのまま名前を書いてもいいし、100均などで売っているループで留めるタイプの名前テープを付けることも出来ます。

こんなの↓

⑨表布と裏布それぞれが完成したら、中表に合わせて入れ口の1.5㎝のところをミシンで縫います。

⑩入れ口を縫ったら、入れ口と縫い止まりの間の隙間から布を表に返します。

こういう袋物を縫う時って、だいたい返し口部分を縫い残しておかないといけないのですが、この縫い方だと返し口がなくてもこのように表に返すことが出来るので、後で返し口をまつり縫いして閉じる手間もないのでとってもラクチンです♪

⑪表に返したところ。

ここでいったんアイロンをかけて形を整えておいてください。

形を整えたら、下のようにミシンをかけます。

端にステッチ、端から3㎝と2㎝のところにもミシンをかけます。この2㎝の部分にひもを通すようになります。

⑫ひもを通したら完成です!

実際に体操服を入れてみます。

入れ口ががばっと広く開くのがポイントです。

子供でも入れやすく、半袖、長袖、半ズボン、長ズボン、帽子全てが入るサイズです。大きすぎてゆるゆるでもなく、パンパンでもなく絶妙なサイズだと思いますよ。

※体操服のサイズやメーカーによって、大きすぎたり小さすぎる場合もあると思いますのでご了承ください。

ひもはお子さんのサイズに合わせて調節してくださいね。

長女 身長約140㎝・普通体型

次女 身長約120㎝・やせ型

ですが、2人ともこのサイズの体操服袋でひもは150㎝くらいで問題なく使っています。

製作時間は、約1時間くらいだったでしょうか。布を裁断してしまえば、後はまっすぐ縫うだけだし、そんなに手間はかかりません。ぜひ、お子さんのお気に入りの布で作ってあげて下さいね。

今回使ったのはデコレクションさんのアルパカ柄のオックス生地です↓

生地の厚さも、厚すぎず、薄すぎず、ほんとにちょうどいい♪

 

とってもかわいくて人気の柄です。コットンやキルティング生地もありますよ♪

持ち手に使った綿テープもデコレクションさんのもの↓

デコレクションさんの綿テープは硬すぎず、柔らかすぎずでとても縫いやすいし、柔らかい布と合わせても馴染むのでとってもおすすめです!

グラニーバックの縁取りにもおすすめですよ♪