ヒルナンデスハンドメイド

ヒルナンデスで紹介!giraffe(ジラフ)のネクタイがかわいい!

2020年1月8日放送のヒルナンデスで、ネクタイ専門店の「giraffe(ジラフ)」が紹介されました。

お客のほとんどが女性、おしゃれ上級者御用達の知る人ぞ知るお店だそうです。

ヒルナンデスで紹介されていたネクタイがとってもおしゃれでかわいくて面白かったのでご紹介しようと思います。

スポーツ柄のネクタイのクオリティがすごい

番組でまず紹介されていたのが「スポーツ柄」のネクタイです。今年はオリンピックイヤーという事で特に注目されているようですよ。

このスポーツ柄はプリントではなく、なんと「織り」で描かれています!すごく繊細でリアルなタッチで描かれていて、クオリティが高いのが特徴です。

番組で紹介されていたスポーツ柄がこちらです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

バレーボール選手が織りで描かれています!すごく細かいところまで描かれていますよね。こんなネクタイ、初めて見ました!

そしてこちらはバスケットボール↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

こちらもすごいですね!どちらも2020年の新作だそうですよ!

でも、この織りのネクタイ、ジラフでは今までも色んなデザインで販売されているようで、ファンも多く、プレゼントとしても人気なんだそう。ヒルナンデスでも、何度もこのお店を特集されたことがあるようです。

今年はオリンピックイヤーで、こういうスポーツ柄が注目されているんですって!

うちの主人は残念ながらネクタイをしめるような仕事ではないので、プレゼントする機会はないのですが、こんなに素敵なネクタイなら、誰かにプレゼントしたくなっちゃいますよね。

他にもバドミントンの選手や、柔道の選手が描かれていたり、色んなスポーツ柄のネクタイが2020年販売されるようですので、大注目ですね!

どんなスポーツ柄が出てくるのか楽しみです!

新作はジラフのインスタでも紹介されています↓

ジラフのインスタはこちらからどうぞ

職業別ネクタイが面白い!マニアックなデザインが人気

そして、「職業別ネクタイ」というのがすごく面白くて素敵だったのです!楽天でも販売されていました!

原稿用紙柄のネクタイに、万年筆のタイピン。(編集・出版関係)

釘柄のネクタイに、ハンマーのタイピン。(建築系)

サーモグラフィーのモノグラム柄に体温計のタイピン。(医療系)

サインポール柄にハサミのタイピン。(美容・理容師)

すごく面白いですよね!発想がすごい!こういう遊び心があるの、好きだなぁ。

こんなネクタイをしている男性がいたら、思わず話しかけてしまいそうですよね!営業の方にはもってこいのネクタイですね。

女性がプレゼントしたくなるのも納得です。

そしてこのネクタイを見ていて思ったのが、「これ、ハンドメイドにも取り入れられるんじゃない?」ということ。

職業別ネクタイならぬ、「職業別ポーチ」とか「職業別ペンケース」とか、面白そうじゃないですか?

例えば、原稿用紙柄の布でポーチを作って、万年筆の刺繍を入れるとか。サインポール柄の布に、はさみのチャームを付けるとか。これだとジラフのパクリだって言われそうですが、アイディアとしては参考になりそうですよね。

この手のものだと、よくあるのが

ピアノのレッスンバックに、ピアノの鍵盤が描かれているもの。

 

この投稿をInstagramで見る

 

saki(@saki_e9)がシェアした投稿

「ピアノバック」と言えば、このデザインっていうくらいメジャーなデザインですよね。「のだめ」が持っていたのも鍵盤がデザインされたものでしたよね!

のだめを知らない人のために・・・↓(漫画全巻持ってます!)

という事で、職業別に限らず、こういう「何かに特化したデザインのもの」っていうのは、ハンドメイドならではでもあるし、おもしろい。そして、こういうのが好きな人、欲しい人も多いんです。

特にマイナーな趣味などのデザインなら、市販品では絶対に手に入らないから、ある一定の人にとっては「ものすごく欲しい!」ものになる可能性がありますよね。

簡単に言えばマニアックな物。

この職業別ネクタイも結構マニアックです。でも、好きな人は好き。他にはないし、クオリティも高いから結構なお値段でも欲しいと思わせる魅力があります。

すごく素敵な作品を作っているハンドメイド作家さんが、「売れない」と悩んでいるなら、いっそ思いっきりマニアックな物を作ってみるのもいいと思います。

人気のデザインは、言ってしまえば手に入りやすいですから。マニアックな物は、手に入りにくいからこそ、余計に欲しくなるものです。

ネクタイ専門店なのに、ネクタイの生地でポーチも作る

ジラフはメイドインジャパンで、京都の職人さんがひとつひとつ作っているというこだわりのお店です。

にもかかわらず、ネクタイの生地でポーチなんかも作っちゃうんです!

それがまた素敵!かわいい!

三角コインポーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

ペンケース

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿


ネクタイの専門店がこんな素敵なハンドメイドっぽいアイテムを出しちゃうんです。しかも、縫製してる人は職人さん。

素材も作る人も一流ですから、普通のハンドメイド作家には到底太刀打ち出来ません。まいっちゃいますよね。でも、だからこそ学ぶべきところはたくさんあると思うんです。

他にも遊び心があってクオリティが高い商品がたくさんあるので、ご紹介しておきますね。

画びょう柄

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

お城と刀

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

お花畑と自転車

 

この投稿をInstagramで見る

 

giraffe(@giraffe_tie)がシェアした投稿

ジラフのネクタイの価格は10,000円~30,000円位。100均でもネクタイが買える時代に、100倍以上するお金を出してでも欲しいと思われる商品。

それだけ価値のあるものだと思わせる商品ということ。

ハンドメイド作家にも、学ぶべきことがたくさんありそうですよね。ジラフのこだわりとか知ると、きっとあなたもジラフを好きになっちゃいますよ。(気になった人は公式サイトへ)ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

私が毎月ブログでこっそり稼いでいる秘密

ハンドメイド作家におすすめの副業