ハンドメイド作り方

雛人形をハンドメイドする!つまみ細工・フェルト・リースなどのアイディア集

雛人形を手作りなんて出来るの?

手作りの雛人形と言えば、子供の頃に作った折り紙のお雛様くらいしか記憶にない、という人も多いかもしれません。

でも今、雛人形をハンドメイドで販売、購入する人が増えています。

ハンドメイドで販売されている雛人形のほとんどが、「コンパクト」で「収納しやすい」ものです。

昔からあるような、7段飾りの大きな雛人形も今でも販売されていますが、現代は核家族が増え、住居も昔のように大きくないので収納場所も飾る場所も限られています。

なので、人気のは「コンパクト」なもの。

市販品でも、小さくてコンパクトで場所を取らないものも販売されていますが、ハンドメイドならさらに小さいものや、オリジナリティあふれるもの、また、もはや人形ではなくイラストを飾るものまであります。

売れる時期は限られますが、ハンドメイドの雛人形は結構人気です。しかも、作る人がそこまで多くないので、人気商品は買いたいと思ってもすぐにSOLD OUTになってしまい、再販もないこともほとんどなのです。

これはハンドメイド作家としてはねらい目ですね!では詳しく見て行きましょう!

手作りの雛人形は売れるのか?

ミンネで「雛人形」と検索するとヒットしたのはたったの約1,100件でした(2020年1月現在)。これはとっても少ない数です。しかもその中で売れている作家さんはごくわずか。

商品数は少ないですが、売れている人はしっかりと売れています。

人気商品はやはりコンパクトなもので、価格は4,000円~6,000円程度。一つの商品で再販を重ねています。

ハンドメイドは季節を意識して作ることが大事。

それはハンドメイド作家ならご存知かと思いますが、ハロウィンやクリスマス、夏祭りや入園入学などのイベントを意識する人は多くても、ひな祭りを意識する人って少ないんじゃないでしょうか。

ハロウィンで言うと、つい数年前までは「ハロウィンって何?いつ?」って言う人も多かったと思いますが、今ではクリスマスを超したといわれるほどの大イベントとして定着しましたよね。

これによって、ハロウィンのハンドメイド市場もすごく盛り上がるようになったのです。それまではハロウィンのグッズなんて販売する人も、購入する人もほとんどいなかったのに。

ひな祭りも、ハロウィンのように今後盛り上がるイベントになっていくでしょうか?

なるわけない、とは言い切れませんからね。

話がそれてしまいましたが、いわば雛人形のハンドメイドとしてのジャンルは「まだまだ認知度が低い」「ライバルが少ない」と言えます。

現代の若いお父さんお母さん達の心を掴むことが出来れば、毎年ひな祭りの時期に合わせて売り上げを上げることも可能だと思います。

2020年以降はこんな雛人形が人気になる⁈

では、ハンドメイドで人気の雛人形はどんなものがあるのか見ていきましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんが見たら「これが最近の雛人形!?」とびっくりするようなものありますよ!

つまみ細工(ちりめん)で作ったうさぎの雛人形

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんす(@chance1982.11)がシェアした投稿

こちらは、つまみ細工で作られた雛人形です。とってもかわいいですよね。これを作られたのは、つまみ細工で作品を作っているハンドメイド作家さんのようです。

もちろん、サイズはコンパクト。こんなにかわいい雛人形なら、毎年飾るのが楽しみになりますね!

フェルトで作った雛人形

 

この投稿をInstagramで見る

 

あそう坊や*レトロハンドメイドショップ(@asoubouya)がシェアした投稿

こちらは人形がフエルトで作られています。人形のかわいさはもちろん、着物や小物にも注目してみて下さい。とってもかわいいしおしゃれでセンスが良いですよね。

すごく今どきっていう感じがします。

ステンドグラスで作った雛人形

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minae Nagaoka(@minae__plant_vert)がシェアした投稿

こちらはステンドグラスで作られた雛人形のアイテムです。「人形」そのものではないですが、こういうのを飾るのも素敵ですよね。狭いお家でも、玄関にちょこっと飾っておくことが出来ますよね。

ペーパーアイテム(イラスト)の雛人形

 

この投稿をInstagramで見る

 

ペーパーアイテムショップ sola(@p.shop_sola)がシェアした投稿

なんと、こちらフレームに入った雛人形のイラストです。こんなアイテムまで出てきているんですね~。イラストに子供さんの名前を入れる「名入れ」アイテムとしても人気があるようです。

名前が入っていると、それだけで記念にもなりますし、なにより収納にも困らないのがいいですね。

ひな祭りに使えるヘアゴム

 

この投稿をInstagramで見る

 

@maririku.yがシェアした投稿

こちらはつまみ細工(ちりめん)で作られたヘアゴムです。こういうアイテムって、ありそうでないですよね?市販品でも売っていないと思います。

目の付け所がいいですね。

雛人形のフラワーリース

 

この投稿をInstagramで見る

 

おはなアトリエはるは(@kiharunanjo)がシェアした投稿

こちらはフラワーリースと雛人形のコラボです。とっても素敵です!これぞ現代の雛人形!と言いたくなるような新しさがありますね。こんな雛人形なら若くておしゃれが大好きなママさんにも受け入れられそうですね。

羊毛フェルトで作る雛人形の作り方

ご紹介したもの以外にも、あみぐるみで作られた雛人形のや、木製の物、ガーランド、ピアスなど様々なアイテムがハンドメイド品として販売されています。

そんな中でも羊毛フェルトで作った雛人形も人気のひとつです。

最近は羊毛フェルトもよりリアルなものを作る人が増えてきていますが、自由に形が作れる羊毛フェルトは雛人形にもぴったりのアイテムです。

作り方を丁寧に紹介されている動画がありましたので紹介しておきますね↓

雛人形が売れるのは、1月から2月です。1月8日現在、ミンネでも「ミンネのひなまつり」として特集が組まれています。

雛人形をハンドメイドで販売するなんて、ちょっと敷居が高い・・・?と思っていた方も、ご紹介した雛人形を見ていただければ、決してそんなことはなく、他のハンドメイド品と同様に作れそうな気がしてきませんか?

何より需要があるのは「小さくてコンパクトなもの」なので、製作時間もそこまでかからないと思います。ただ、ひな祭りを過ぎると、1年後まで売れるチャンスを逃してしまいますので、出来れば完全オーダー式にした方がいいですね。

そうすれば在庫を持たずに販売することが出来ます。

ライバルが少ない今、雛人形をハンドメイドで売ってみるものいいと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。

 

私が毎月ブログでこっそり稼いでいる秘密

ハンドメイド作家におすすめの副業