ハンドメイドイベント

ハロウィンで仮装をする人が続出!衣装に使えるハンドメイドの小物やアクセサリーが人気!

日本でもハロウィンというイベントが定着してきた今日この頃ですが、こんなに盛り上がるようになったのはつい最近ですよね。

つい最近というと、またおばちゃんぽい発言になってしまいますが、私の子供の頃はハロウィンなんて言葉も知りませんでした。いや、外国の絵本とかで、ちょっと見たり聞いたりはしたことがあったかな。

東京ディズニーランドだって、ハロウィンのイベントは1997年が最初です。(しかも数年間は10月31日の1日だけの開催だったんですよ。もちろん仮装もなしです。)

それが今では2か月近くもハロウィンのイベントをやっていますよね。仮装パレードも定着し、今では全国各地で仮装パレードや仮装パーティが開催されるようになりました。

その盛り上がりはクリスマスを超えた!なんて言われていますが、その盛り上がりの1番の理由はやはり「仮装」だと思います。「仮装」を楽しみたい人が増えたことによってハロウィン市場もすごく大きくなったんじゃないでしょうか。

「コスプレ」とまではいかないけど、ハロウィンの仮装ならやってみたい、1日だけならやってもいいかなという感じで、誰でも気軽に楽しめるのがハロウィン仮装の魅力です。

私が住んでいる田舎でもつい2、3年前からハロウィンの仮装パレードが始まりました。

ついに来たか!という感じです。

こんな田舎で、仮装してパレードなんかに参加する人なんているんだろうか?と思いましたが、いるんですね~。主に子供に仮装させて、親がそれを見ている感じなので、まだまだ規模も参加者も少ないですが、田舎でも仮装をして楽しみたい人がいるにはいる、という事が分かりました。

これからもっと参加者も増えるんじゃないかなぁと思っています。

考えてみれば、クリスマスも他のイベントも、自分がこんな風にある意味主役になって楽しめる場ってそんなにないですよね?ダンサーでもないし、よさこいなどのチームに所属しているわけでもないし。ただ仮装するだけでパレードに参加できちゃうんですから。

なんか子供の頃、お祭りではっぴを着て行列したのを思い出します。そんな感じでしょうか?大人も子供の頃を思い出して楽しめるっていう感じですかね?

まだ参加者は少ないし、我が家の子供たちも恥ずかしがってまだ参加したことはないですが、田舎もこういうことをすると町が盛り上がるのでいいですよね。どんどんやってほしいと思います!

ということで、ハンドメイドでのハロウィン市場もかなり盛り上がっています。どんなものが人気なのか見ていきましょう!

ハロウィンの市場規模はすごい!

100円ショップ、ネット、量販店、ハロウィングッズはあらゆる場所で販売され、購入できるようになりました。自分で衣装やグッズを作る人のための布やパーツなどの手芸材料も、種類が豊富になり、選ぶのも楽しいですよね。

ハンドメイド販売をするなら、こういう季節のイベントに合わせて商品を作ることはとっても大事です。こんなに市場があるのに、売れる可能性があるのに何も手をつけないなんてもったいない!

ただただ自分の世界観を貫いて定番の作品作りをするというのも悪くはないですが、市場調査をして、今求められている物を作ることも大事です。

他にもクリスマス、お正月、バレンタイン、入学入園、ひな祭りなど、季節のイベントを意識した商品作りをしていくと売上も上がります。これを全くしないで「売れない」というのは、自己満足の作品作りになっているかもしれません。

商品には必ず売れやすい時期と売れにくい時期があるので、これからハンドメイド販売で稼いで行きたいのであれば、このハロウィン市場にもぜひ参入してみて下さいね!

ハロウィンのイベントに参加するための衣装やアクセサリーが人気

ハロウィングッズもいろいろあって、インテリアとして使う物、お菓子、衣装、アクセサリーなど。100均などでも品ぞろえが豊富なので、ハンドメイドとして売るならそういうところでは手に入らないものを作ることが必要になりますよね。

ミンネで「ハロウィン」と検索すると商品数は約52,000件!(2019年10月現在)多いのはピアスやコスプレ風のカチューシャなどのアクセサリー類や、子供の衣装など。

やはり「仮装をする」事が前提で、その時に使うアクセサリーだったり、小物を探している人が多いんだなという印象です。

ハロウィンのピアスなんていつ使うの?普段じゃ使えないよね?ということはイベント用?ということになります。もちろん衣装だって、普段着るわけじゃないから、イベントのために用意して、ハロウィンが終わったら着ることはないってことです。

だから、ちょっとハロウィンっぽい「ハロウィン風」より、「がっつりハロウィンです」っていうのを前面に出した商品の方が売れるそうですよ。

衣装を作って売るというのは、初心者にはちょっとハードルが高いかもしれません。フリーサイズで作ればそこまで大変じゃないかもしれませんが、洋服作りではサイズの合う、合わないはつきものです。

洋服・衣装を売るなら身長や体重など、どのような体型の人に合わせて作っているかを明確にする必要があります。

お客様からサイズに関しての問い合わせはすごく多いです。「私の体型はこうですが、入りますか?」とか。スリーサイズを聞いてだいたいは判断できますが、「絶対大丈夫です」とは言い切れないし、もし入らなかったらクレームになるだろうし・・・難しいところですよね。さらに、

「ちょっとだけ肩幅を広げてもらえませんか」とか

「スカート丈を少し短く」とか

色々と言われる可能性が高いので、そういった希望に応えられればいいですけど、すごく手間のかかることなので普通は「サイズ等の変更は対応できません」としておく方がいいですね。

なので、初心者が作るなら、衣装に合わせられるようなピアス、ヘッドアクセサリー、小物などが無難です。

「市販では売っていないような少しマニアックなデザイン」で作るといいと思います。ありきたりなデザインでは、埋もれてしまいますからね。

また、仮装をする人は、その時点で「オリジナリティを出したい」「人とかぶりたくない」「人より目立ちたい」という心理なので、そういう人はあまりその辺の雑貨屋さんや、量販店で売っているようなものは買いません。

なので、自分で作るか、あるいは誰かのハンドメイド品を買うという選択肢になる可能性が高いんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ママのためのリボン教室 emiRiche エミリッシュさん(@emiriche)がシェアした投稿

ハロウィングッズを売るなら8月から!!

ハロウィンは10月31日ですが、ハロウィンのイベントはだいたい9月から始まります。ということは、9月からのイベントに参加したい人は8月にはグッズを揃えたいですよね?

ということで、ハロウィン商戦は8月から始まっているのです!ということは、ハロウィンの商品作りは7月から始めないと間に合わないかもしれないですね。このブログを書いている10月から始めたのでは、遅いってことです。

ハロウィングッズが売れる時期も、8月~10月ですが、実際に一番売れるのはやはり10月半ば頃からの様です。メインのイベントが10月31日のところが多いんでしょうね。

10月に作って販売しても売れるかもしれませんが、来年は、早めにハロウィン商戦に参加するために7月から作品作り始めましょうね!(汗)

簡単に作れて、個性も出しやすいレジンのアクセサリーはおすすめです!

プラバンもおすすめです!↓

難しく考えずに、ハロウィンを楽しむ気持ちで作ってみましょう!ハロウィングッズは遊び心が大事!思わず笑っちゃうような、楽しくてかわいいグッズが作れれば、人気商品になるチャンスもありますよ。

ハロウィングッズを作るのに使えるパーツもネットでいろいろ購入できるので、参考にしてみて下さいね!↓

ミンネで販売しませんか?

ミンネをおすすめする理由はこちら