ハンドメイド効率

「ゆめかわいい」沼にハマってきいてみたで紹介!その世界観とは?

2019年12月10日放送の「沼にハマってきいてみた」で、「ゆめかわ」(ゆめかわいい)の世界について特集されました。

ゆめかわとは?

ゆめかわいいとは、「夢みたいにかわいい世界観をもった、洋服、バック、アクセサリーなどのアイテム」の事を言うそうです。今、10代の女の子の間で流行っているそうですよ。

その「ゆめかわいい」の特徴は、パステルカラー、キラキラ、フリフリ、ふわふわ・・・そんな感じです。確かに見るからに「かわいいね~!」と言ってしまうような世界です。

番組に登場していた女の子も、全身「ゆめかわ」で、自分の好きな世界をすごく楽しんでいるんだなというのが伝わってきました。

大人になると、さすがにここまでの「ゆめかわ」は違和感があると思いますが、でも子供の頃はみんなこういうの好きでしたよね?「ゆめかわ」なんていう言葉はなかったけど、そういう世界は女性なら一度は憧れた時期があるはず。

試しにミンネで「ゆめかわ」と検索してみたら、なんと47,000件も出てきました!(2019年12月現在)商品のラインナップは、パステルカラーのリボンを使ったヘアアクセサリーや、ピアス、ポーチなど様々。

大人でも使えそうなデザインのものありましたよ。

やはり、女性はこういう世界が好きなんだということでしょう。これは、ハンドメイド販売でも取り入れるべきですね!

ゆめかわいいはハンドメイドだからこそ表現が広がる世界

「ゆめかわいい」が流行っていることの背景には、ハンドメイドブームが大きく関わっていると思います。

「ゆめかわいい」を好む人達の特徴は、アイテムを自分で作っているか、またはハンドメイド品を購入する、という事です。要は、ゆめかわいいが好きな人は市販品の完成品はあまり好まないんです。

実際、楽天でゆめかわいいと検索しても、商品としてはほとんどヒットしません。出てくるのはパステルカラーのリボンや布やパーツなど。これは、商品を探しているのではなく、アイテムを求めている人が多いという事です。

お店でも、ゆめかわいいグッズってどこでも売っているわけではないですよね。

そして、ゆめかわ系の人は、「オンリーワン」が好き。

ちょっとコスプレの世界にも近いですね。

どこまで自分の理想の「夢のようなかわいい世界」に近づけるかを、ハンドメイドで表現している人たちです。人とは違う、自分だけのオリジナル。

ところで、アラフォーの方が「ゆめかわいい」と言われて思いつくのは「スイマー」ではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

KNot a TOY(@knot_a_toy)がシェアした投稿


スイマーとは、今で言うゆめかわ系のグッズを販売している雑貨屋さんです。価格も安く、一時期はすごく人気のショップでした。しかし残念ながら2018年にブランド終了していたそうです。(2020年に復活するという話もあるようです!!)

そういえば私も20代の頃はスイマーのかわいいグッズをたくさん持っていました。忘れていましたが・・・。アラフォーになった今はすっかりナチュラル系になりましたが、やっぱり潜在的にこういう世界は好きなんでしょうね。

当時は自分でそういうグッズを作ろうと思ったことはなく、作ろうとしている人もほとんどいなかったと思います。今はハンドメイドブームでもあり、安くてかわいいハンドメイドアイテムもネットや100円ショップで簡単に購入できるようになったのも要因だと思います。

ゆめかわいいが流行し始めたのは、2017年頃から。昔からこのような世界はあったけれど、まだまだ「ゆめかわ」のジャンルとしては新しいです。2020年以降はこれからもっとハマる人が増えていくかもしれません。

ゆめかわいいハンドメイドの作り方は簡単?

「沼にはまってきいてみた」の番組の中で、ゆめかわいいブレスレットを作っていました。

材料は見た感じセリアですべて揃えていたようです。

作り方はすっごく簡単で、伸縮性のあるテグスにビーズを通すだけ。でも仕上がりはなかなかのものです。なんでしょう、パルテルカラーのビーズを組み合わせて、あとはリボンなどで装飾しただけなのに、アラフォーの私でも「あら、かわいい♪」と思ってしまいます。

100均の材料でもあまりチープさを感じません。

さすがに自分で使おうとは思いませんが、娘のために作ってあげようかな、とかプレゼントしてあげたら喜ぶだろうな、と思います。

という事は、ターゲットは10代女子だけでなく、小さな子供を持つお母さんも狙えそうです。こういうのは、イベントで販売するときっとすごく売れるだろうなぁと思います。

番組で紹介されていたトートバックも、行ってしまえば光沢のあるキルティング生地で作った、ごく普通のバックです。(こんなこと言ったら叱られるかもしれませんが・・・)

フリルを付けたり、モチーフが付いていますが、バックとしてはお母さんが入園入学のために子供に作ってあげるようなバックです。でも、こういうの、市販品では手に入らないってことですよね。

欲しい人がたくさんいる。でもなかなか売っている所がない。

という事は需要がありそうですよね。

オーダーメイドでも売れる可能性が高いと思います。

こんな生地でした↓ 商品名にも「ゆめかわ」って書いてありますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「 ゆめかわカラーのパステル サテン キルティング 」 入園 生地 かわいい布
価格:748円(税込、送料別) (2019/12/11時点)

楽天で購入

 

 

ハンドメイド販売で稼ぐには、自分が好きなものだけを作っていればいいわけではないです。

自分はモノトーン系やナチュラル系が好きだからと言って、そういうアイテムが売れるとは限りません。まったく違うジャンルものでも、それが需要があるものであるなら、そっちの方が売れる可能性が高いです。

好きなものを作っていても、それが需要がなければ販売する意味はありませんよね。作っても売れなければ楽しくないし、モチベーションは下がるばかり。

ハンドメイド販売は「売れてこそ」楽しいものですから。

「病みかわいい」も流行ってる?

「ゆめかわいい」だけなく、「病みかわいい」というのも流行っているそうです。

アラフォー主婦の頭の中は「?」でいっぱい。

なんですか、病みかわいいとは。調べてみると、

「ゆめかわいい」に「病んでる」をプラスしたジャンルだそうです。そのまんまですね、なんじゃそりゃです。

見た目にするとこんな感じ↓

 

うん、確かにちょっと病んでますね・・・。具体的には、ゆめかわいいのパステルカラーに、黒などをプラスしてすこしシックにした感じの事を言うそうですよ。

これは、ちょっとマニアックすぎて初心者にはハードルが高そうですね。

ちなみにミンネで「病みかわいい」と検索してみたら、1,500件もありました。

注射器をモチーフにしたピアスや、血のついた眼帯のようなものまで。

ハンドメイドの世界は本当に自由で、人の好みって色々ですね。自分の世界だけに閉じこもっていてはいけませんね。そんな気持ちにさせられてなんだか勉強になりました。

「ゆめかわ」「病みかわ」どちらもちょっとでも興味を持った方、2020年、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

ズパゲッティは2020年も売れる?人気商品は?ズパゲッティは重い、途中で糸の太さが変わるなどの欠点も、一点ものの糸であることの魅力のひとつ。どんなアイテムが売れ筋?...
ミンネで販売しませんか?

ミンネをおすすめする理由はこちら